2019年1月22日火曜日

いただいたメールに励まされております

小生の政策リーフレットをお読みくださった方からメールをいただきました。とても参考になりましたので、以下の通り、一部抜粋、編集して公開致します。

<いただいたメール>
政策リーフレットの「雨水利用」には私も関心があり、自宅裏庭にROTEX社の大型の貯水タンクを2基設置しております。
本来ならば地中に水槽を設置する形にしたかったところですが、当時のハウスメーカーの技術などでやむを得ず現在の形になりました。
先日駒沢住宅展示場で雨水利用がどのようになっているのかを探ってみましたが、どのハウスメーカーも十分に対策をとっているとは言えませんでした。そもそも雨水利用に関する知識と関心が薄いことが最大の問題であるように感じられます。
私自身も展示場で話をしてきましたが、陣内様をはじめ各方面から雨水利用についてハウスメーカーや住宅展示場に対し働きかけや啓蒙活動を行い、そこから一般市民に知識の普及をはかることが必要ではないかと思います。住宅展示場ではときどき東京ガスなどが商品のPRやデモンストレーションを行っているため、雨水利用についてもこのような方法が最も効果的ではないかと感じます。

<返信した小生のメール>
「無所属」である小生は、毎朝駅頭に立ち、地道に皆様とのご面識を増やしていくより他ありません。そんな中で、いただいたメールは、とても私を勇気付けてくださいました。厚く御礼申し上げます。
ご指摘の雨水利用の知識や関心のなさについては私も感じており、それを保坂区長に言わせると、ざっくり言えば「政治への個人の参画=自治DIYを促したい。住民意識を高めていく必要がある」ということになります。(これが、私が今回の挑戦を志した理由でもあります。)
水戸黄門や遠山の金さん、はたまたウルトラマンの見過ぎなのか、なんでも苦情や陳情でお上やヒーローに解決してもらう・・・のではなく、身近なことは自分(たち)の働きかけで物事を進めていく主体的なアプローチが、そろそろこの国の民主主義には必要なのではないか、我が国の政治に根本的に欠けているのはその「自分ごとにする意識」なのではないか、という危機意識です。
おっしゃるように、不動産や住宅業界の皆さんにも周知徹底を図り「雨水利用が金になる」(下世話な話ではありますが)ことに気づいていただくということが、必要だし有効だと気付きました。今後ともご指導ご鞭撻ください。ありがとうございます。//


お気付きの点やご指摘、ご指導などございましたら、何なりとご連絡くださいませ。
改善し、明日へと進む糧とさせていただきます!

年始から今日まで

こんにちは。
元旦に「世田谷歩こう会」にて、世田谷区役所から大蔵運動公園の陸上競技場まで歩き、区長に年始のご挨拶をしてからこのかた、人生初の無職となったことでまず驚いたのは、曜日の感覚がなくなってしまったことです。これによってアポイントのすっぽかしが数件発生し、ご迷惑をおかけしてもおります。スケジュール管理はしているのですが、なんだかズレます。原因はわかりませんが、生活習慣の変化を自覚し、管理を徹底するしかありません。
また毎朝の駅頭でのご挨拶については、「会社に行くから」と8時で終えていたものをもう少し延長することで、これまでお会いできなかった方にお会いできるようになりました。
既に一月も半ばを過ぎ、春の挑戦まであと3ヶ月。なんだかラストスパート的な雰囲気ですが、私は焦らずマイペースで皆さんとお会いできたらと考えています。
引き続き応援よろしくお願い申し上げます。(毎日の活動については、Facebookページ「せたがや協働の会」をご覧ください。)

2018年12月31日月曜日

2018年が終わり、2019年が始まる。



嵐のような12月でした。
仕事と政治活動の二足の草鞋を履く身の上で、毎朝駅頭に立ち、その後フレックス出社をして業務をこなす。図らずもトラブルが起こったり新たな案件が発生したり。月末まで、ノンストップで仕事をこなす日々でした。
そんな中、5日には、初の「政策発表会」をさせていただき、改めて「何を語るべきか」を整理する機会を得ました。友人や新たな仲間たち、そしてご支援くださる皆様、さらには保坂展人区長からも激励を受け、これから政治家を目指すことの重さが具体的に見えてきました。身の引き締まる思いがしています。
そしてとうとう大晦日が来ました。実質的には既に退社した気分ですが、本日がサラリーマンとしての最終日です。30年育ててくれた「コスモ石油」には感謝しかありません。これまでの業務を通じた経験や知識を、これからの人生に活かしていこう、活かしていける、そう感じています。いい会社でした。

明日、元旦からは、政治家としての草鞋、一足限りとなります。一日いちにちを有意義に、自分の未来を掴むまで、最善を尽くします。

///告知///
新年より、現職の東京都議会議員である福島りえこさんの議員推薦をいただくことになりました。同じサラリーマン出身で現職都議である福島さんからは色々なことを学べるでしょう。(福島さんは都議になる前は東芝の技術者で、なんと、メガネなしで見られる3Dテレビを世界で初めて製品化した人なのです!)


皆様におかれましては、来年も応援よろしくお願い致します。
寒さ厳しき折、お風邪など召しませぬよう、ご自愛の上、良いお年をお迎え下さいませ。

2018年12月17日月曜日

せたがや対談第2弾。世田谷の自治を考える。

保坂区長とのせたがや対談、第2弾です。
今回は世田谷の自治のバージョンアップをテーマに対談させていただきました。
東京23区は特別区制度と決められていますが、じつはこれは戦後すぐに作られた制度で、現実となじまないことも多々見受けられます。

2018年12月7日金曜日

前衆議院議員・緒方林太郎氏からの応援メッセージです。

先日のパーティーの際にお寄せいただいた、前衆議院議員、緒方林太郎氏からの応援メッセージを、改めて紹介させていただきます。世田谷区と北九州市、それぞれ課題がありますね。頑張ってください!ありがとうございました。

2018年12月6日木曜日

昨日は、ありがとうございました。

皆様
昨日はありがとうございました。
おかげさまで初めての政策発表会を無事に終えることができました。
保坂区長をはじめご多忙な中ご参加くださった方々、ご賛同くださり門出のはなむけにと会のチケットを購入くださった方々、スタッフとして様々にお手伝いくださった方々、まだまだ至らない私に敢えて厳しいアドバイスをくださる方々…皆様に深く感謝申し上げます。
私一人ではできないことも、皆様のご信頼をいただくことで実現することができる。皆様の思いを代表してより良い未来に向かう。より多くの人に思いを伝え共感を広げていく…
これらは言葉にするだけなら簡単そうですが、じつはとても難しいことだと実感しております。
私自身、まだまだ未熟な人物であります。欠点もありますし経験もまだまだ足りません。表現の仕方も必ずしも伝えるのに適切で正しいとはいえないところが多々あります。
しかしどうか、こんな私ではありますが厳しくご指導いただきたくお願いします。私は自分を見つめ直し続け、これまでもこれからも、世の為になることを考え行動する、そんな思いを新たにした昨晩の機会でした。
皆様の思いを形にするお役に立てたら。そんな人間になれたら。
改めて皆様に御礼を申し上げますと共に、引き続き厳しいご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。




2018年11月27日火曜日

保坂のぶと世田谷区長との対談ムービ、公開!

現世田谷区長、保坂のぶと氏との対談ムービーを公開しました。
「グリーンインフラと豪雨対策」。
地球規模で発生する気象変動から都会の暮らしをいかに守るか、長年エネルギー会で働いてきた陣内ひでふみが、保坂区長とこれからの世田谷を語ります。
こちらから「せたがや対談」をご覧ください。

いただいたメールに励まされております

小生の政策リーフレットをお読みくださった方からメールをいただきました。とても参考になりましたので、以下の通り、一部抜粋、編集して公開致します。 <いただいたメール> 政策リーフレットの「雨水利用」には私も関心があり、自宅裏庭にROTEX社の大型の貯水タンクを2基設置...