2018年10月1日月曜日

人生の転機

こんばんは。
今日は10月1日でした。あと三ヶ月で2018年が終わります。早いものです。
保坂展人世田谷区長と出会ったのは、二年前の秋でした。世田谷区のいろいろなことについて考える政治フォーラムなる集いに、「観客からプレイヤーへ」というキャッチコピーに惹かれて参加することを決めたのです。すでに申し込み期日は過ぎていましたが、参加希望を作文で提出してみたところ「参加可能」とされたのが発端でした。
実際に会場に行ってみると、皆さん、すでにバリバリの地域活動家でいらして、ノンポリサラリーマンとしてはすぐさま強烈なアウェー感に苛まれたことをはっきり覚えています。確かに、地域で活動する人とサラリーマンとでは生きるフィールドがある程度違い、話す言語もやっぱりちょっと違う。温度差もある。何もかもが勉強でした。これ、人生に役に立つ勉強なのかな?そう思ったこともあります。
最近のニュースで「老人の独居孤独死の1/3が東京に集中」というのがありました。きっと多くは男性ではないでしょうか。サラリーマンとして普通に定年を迎え、再就職したりはするものの、次第に健康を害したりパートナーに先立たれたりすると、私の母なんかは元気になったりもしますが、男性は逆に弱るのではないでしょうか。かといって地域活動をするにはなんかしっくりこないし「言語が違う」。そんなことを言っているうちに、次第に孤独に慣れていき、心ならずも一人寂しく・・・なんてことかなと思ったりしました。
だから・・・というわけではないのですが、私はこの度、世の中のためにちょっとだけ努力してみよう、地域社会に貢献してみようと考えました。少し早く会社を卒業させていただき、新たな挑戦をしてみたいと思えるようになったのです。
これまで歯車として、会社に貢献してきたつもりですが、今度は、政治の世界で別の歯車になるのです。並大抵のことではないでしょう。しかしまだまだボケてる場合じゃありません。これまでのサラリーマン人生30年は伊達じゃないことを、証明してやるぜー!(^^)
反面、果たしてそれが証明できるほどの人物かしらん、私ってどんな人物だろう?とも思いつつ、謙虚にしかし大胆に跳んでみようと思います。続きは次回以降に。応援よろしくお願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿

昨日は、ありがとうございました。

皆様 昨日はありがとうございました。 おかげさまで初めての政策発表会を無事に終えることができました。 保坂区長をはじめご多忙な中ご参加くださった方々、ご賛同くださり門出のはなむけにと会のチケットを購入くださった方々、スタッフとして様々にお手伝いくださった方々、まだまだ至らない私に...